教育内容


1.学校教育目標


2.学校経営方針


1.学校教育目標

 (1)基本目標
  高い知性と創造力のある、豊かな徳性をもち、自ら学び、自ら考え、正しい判断のできる心身ともにたくましい生徒を育成する。

 (2)具体目標

  1,自ら学ぶ生徒

  2,思いやりのある生徒

  3,心身を鍛える生徒

 (3)めざす学校像

  生徒、保護者、地域、教職員が信頼と誇りをもてる「支え合い、磨き合い、高め合う学校」をめざす。


2.学校経営の方針

 生徒一人一人の個性や能力を伸ばす教育活動を基盤とし「支え合い・磨き合い・高め合う学校」を目指し、活力と調和のある
学校運営を通して学校教育目標の達成を図る。

 (1)教育公務員としての職責を自覚し、全教職員参画の経営体制を推進する。

 (2)生徒・家庭・地域の実態を的確に把握し、特色ある教育課程を編成・実施する。

 (3)一人一人の生徒理解に基づく積極的な生徒指導に努める。生徒指導を進めるに当たっては、全教職員の共通理解を図り、
   学校としての協力体制・指導体制を強固にするとともに、家庭や地域社会及び関係機関との連携・協力を密にし、生徒の
   健全育成を広い視野から考える開かれた生徒指導の推進を図る。

 (4)校内研修を充実し、教職員が「授業構想力」など専門職としての資質と能力を高め合うとともに、生徒の基本的な学習習慣の
   確立を図る。
 
 (5)道徳教育では、人間としての生き方の自覚を促し、道徳性を育成するために、要としての道徳の授業で「心をゆさぶる授業」に
   努める。
   ・地域の自然や歴史などを教材化するとともに、家庭や地域社会と連携し、豊かな体験を通した道徳性の育成に努める。

 (6)安全で美しい学校環境づくりを推進し、心身共に健康でたくましい生徒を育成する。

 (7)生徒が「将来の『夢』」を描き、自分の生き方を自己決定できるように、三年間を見通した進路指導の充実を図る。